XM 口座開設

海外FXをレバレッジだけで選ぶのは危険!注意すべき3つの理由

投稿日:

海外FXをレバレッジだけで選ぶのは危険!注意すべき3つの理由

日本国内のFX会社では、最大でも25倍のレバレッジしか利用できません。

しかし、海外のFX会社なら、1,000倍を超えるレバレッジが利用できることがあります。

例えば10,000円でFX取引をするなら、手数料を考えないならば、1,000万円ものお金を使って取引するのと同じ利益を期待できるということになりますね。

「FXを始めたいけれど、投資に使える資金がない」という方には、レバレッジが大きいということは資金が少なくても利益が出やすいということですから、喜ばしいことではないでしょうか。

とはいえ、レバレッジの大きさだけでFX会社を選ぶことは非常に危険です。

レバレッジだけで海外FX会社を選ぶべきではない理由について解説します。

理由1:高レバレッジでは莫大な損失が生じる恐れがある

高レバレッジの魅力は、何といっても、少しの資金で大きく利益が得られる点です。

ですが、大きく利益が得られるということは、予想と反対に為替が動けば、損失が大きくなるということに他なりません。

為替レートの少しの動きで、あっという間に莫大な損失が生じることもあるのです。

ゼロカットシステムがある業者なら安心

FXではロスカットというシステムがあり、損失が一定額以上出てしまいそうなときは強制的に取引を終了させて、FX口座がマイナスにならないようになっています。

しかし、為替が急激に動いたときは、ロスカットシステムが作動する前に損失が膨れ上がってしまい、証拠金を超えた分の損失をFX会社に支払わなくてはなりません。

例えば2015年1月15日のスイスフランショックでは、わずか20分の間にユーロとスイスフランのレートが40%以上も暴落し、ロスカットの作動が間に合わず、スイスフランのポジションを保有していた多くの人々にマイナス分の支払い請求が届いたのです。

ポジションの量とレバレッジによっては、何百万円、何千万円という金額が請求されました。

予想通りに相場が動いているときは高レバレッジで利益を増やせますが、相場が予想とは逆の動き、しかも激しい動きを見せるときは、損失も巨大になってしまい、支払えない程度の金額を請求されることもあるのです。

しかし、証拠金以上の損失は請求されないゼロカットシステムが採用されている業者なら、どんなに為替が急激に暴落しても安心です。

高レバレッジを利用するときは、かならずゼロカットシステムがある業者を選んでくださいね。

FXの損失は自己破産しても免責されない!

「莫大な借金を抱えるくらいなら、自己破産すればよい」と考えている方は案外多いものです。

確かに、借金を抱えて生活を切り詰めて返済するよりも、自己破産手続きをして、借金を全部チャラにしてしまう方がお得なような気がします。

しかしながら、自己破産手続きをしても、以下の借金は返済する責任が免除されません。

自己破産手続きをしても免責されない借金
ギャンブルで作った借金、FXなどの投資で作った借金、浪費で作った借金、違法な業者から借りたお金 等

つまり、すべての財産を処分し、金融機関から借金をしてでも、FX取引で作った負債は返済しなくてはならないのです。

繰り返しになりますが、高レバレッジを利用するときは、ゼロカットシステムがある業者を選んでくださいね。

理由2:送金手数料が高い可能性もある

レバレッジばかりを気にして海外FX業者を選ぶと、レバレッジ以外のスペックを見落としてしまうことがあります。

特に海外FX会社を選ぶときは、送金手数料に注目するようにしてください。

国内のFX会社は送金手数料が無料になっていることが多いのですが、海外FX会社は証拠金を海外に送金することになるため、1回の送金で数千円の手数料が請求されることもあるのです。

もちろん、利益を確定してから別の口座に資金を移すときも、高額な手数料がかかります

レバレッジだけに注目するのではなく、送金手数料が割安な業者を選ぶようにしてくださいね。

クレジットカード決済がある業者なら安心

海外送金となると、どうしても高額な手数料がかかってしまいます。

しかし、クレジットカード入金ができる業者なら、手数料をほとんどかけずに証拠金を送金することが可能です。

海外FX会社を選ぶときは、クレジットカード決済ができる業者かどうかも確認してくださいね。

理由3:ギャンブル中毒状態になる恐れもある

高いレバレッジで取引をすると、あっという間に資金を失ってしまうこともありますが、反対に、数秒で数十万円、数百万円の利益を上げることもあります。

怖いのは、FXを始めたばかりのタイミングで大きな利益を上げること、つまり、FXによる成功体験です。

一度、成功体験を味わってしまうと、どんなにFXで損失が出ても、「また、大きく当たるかもしれない」と何度も資金を投入します。

借金をしてでもFX取引をし続ける人もいるでしょう。

こうなると、もうギャンブル中毒と同じですよね。

FX取引は、株式や投資信託などの他の投資と比べると、短期間で結果が分かりやすくギャンブル性が高いため、中毒状態になる人も多いのです。

高レバレッジに慣れると感覚が麻痺しがち

何度も追証請求が来るようになると、「レバレッジを低くしてじっくりと取引しよう」という考えも生まれるかもしれません。

しかし、ギャンブル性の高いFX取引の中でも、高レバレッジでの取引はさらにギャンブル性が高く、中毒性も高いのです。

そのため、高レバレッジでの取引に慣れてしまうと低レバレッジの取引では物足りなく思えてしまい、低レバレッジ取引に変更しても、またすぐに高レバレッジに設定を戻してしまうでしょう。

高レバレッジ取引から抜け出せなくて、莫大な借金を抱えてしまう人も少なくないのです。

海外FXが国内FXより効率よいのは当たり前!どうリスクを軽減する?

レバレッジが25倍に制限されている国内FXと比べると、レバレッジが自由に設定されている海外FXは効率よく利益を得られる投資方法です。

しかし、効率の良さだけを追い求めていると、大きな損失を被ってしまうことにもなりかねません。

海外FX会社に付き物のリスクを軽減する4つの方法を紹介しますので、ぜひ実践してください。

レバレッジが1,000倍を超える海外FX会社は選ばない

レバレッジが高くなればなるほど、投資資金を失うスピードも速くなります。

レバレッジは多くとも1,000倍を超えない業者を選ぶなら、ある程度は余裕をもってFX取引に取り組めるでしょう。

デモ口座でシミュレーションしてみよう

FXは刻々と変わる為替相場を使った投資方法ですので、買い注文や売り注文のタイミングを少し外すだけでも、損益が大きく変わってしまいます。

ベストのタイミングで取引をするためにも、実際に取引をする前に、デモ口座を使ってシミュレーションしてみましょう

デモ口座で十分に操作性を確かめてから、入金をして取引してください。

参考:XM「デモ口座開設」

余剰資金でFXをする

全額なくなっても生活に支障を来たさない余剰資金で、FX取引を始めましょう。

生活資金でFXに取り組むと、少しでも損失が出ると、「絶対に取り戻さないと!」と冷静さを失ってしまい、損失額がさらに多くなってしまうこともあります。

気持ちに余裕をもってFX取引をするためにも、余剰資金だけを投入するようにしてください。

ゼロカットシステムがある業者を選ぶ

高レバレッジの海外FX会社は、大抵の場合、ゼロカットシステムがあります。

しかし、絶対にゼロカットシステムがあるわけではありませんので、口座を開設する前にかならず「ゼロカットシステムがあるかどうか」を確認するようにしてください。

長期的に利益を得ようと心がける

損失が出てしまったときは、すぐに利益を得て、少なくともプラスマイナスゼロの状態に持っていきたいですよね。

早く利益を得たいと思うのは当然のことですが、損失が出たということは「為替相場が思わしくない方向に動いている」ということでもありますから、今すぐ利益を得るのは容易なことではありません。

長期的に利益を得ようと心がけ、早まった行動を避けるようにしてくださいね。

総合力で選ぶならXMがおすすめ

海外FX会社に付き物のリスクを避けるためには、1,000倍以下のレバレッジに設定され、なおかつゼロカットシステムがある業者を選ぶ必要があります。

日本人投資家に人気のXMなら、最高レバレッジは888倍ですし、ゼロカットシステムもありますので、低リスクの取引がしやすくなります。

また、サイト言語として日本語を選べるのも、嬉しいポイントですよね。

レバレッジとゼロカットシステムに留意して海外FX会社を選び、慎重かつ長期的にFX取引を実施していきましょう。

-XM 口座開設
-, ,

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.