XM 口座開設

海外FXで税金はどうする?税率計算と確定申告、節税方法まとめ

投稿日:

海外のFX会社には、「スプレッドが小さく利益が大きい」「レバレッジが大きく少ない資金で増やしやすい」という2大メリットがあります。

上手に使いこなせば海外のFX会社は国内のFX会社よりも効率よく利益を確定できますので、試してみたいという方も多いのではないでしょうか。

実際、日本のFK会社も海外のFX会社も、インターネットを経由して取引するという点は同じですから、国内FX会社での取引に慣れている方なら、気負わずに海外のFX会社にもチャレンジできるでしょう。

しかしながら、海外FX会社と国内FX会社とでは、税金の種類も違いますし、税率も異なります

正しく利益を申告しておかないと、追徴課税されて税金が増えてしまいますので、海外のFX会社にチャレンジする前にかならず税金についても知っておきましょう。

海外FXの利益は雑所得!他の所得と合算して累進課税が適用

海外FXから得た利益は、雑所得扱いになります。

雑所得は、他の所得と併せて以下の税率が適用されます。

出典:国税庁「所得税の税率」

例えば諸経費を引いた海外FXから得た利益が30万円のときは、雑所得として確定申告をします。

給与所得が年間400万円あり、給与と海外FX以外の所得がないならば、総所得は430万円になります。

所得金額が430万円のときは控除額が427,500円で税率が20%ですので、以下の計算式の通り、所得税額は432,500円になります。

  • 430万円×20%-427,500=432,500円

所得税は所得が大きければ大きいほど税率が高くなる累進課税ですので、FXによる収入が高いときも税率が高くなりますが、FX以外の収入が高いときも税率が高くなります。

国内FXの利益は申告分離課税が適用!税率は一律20.315%

一方、国内のFX会社による利益は、給与所得とは合算せずに申告分離課税として申告します。

申告分離課税の税率は、対象利益額に関わりなく一律20.315%です。

例えば国内FXの利益が30万円あるときは、以下の計算式により60,945円が税金として請求されます。

  • 30万円×20.315%=60,945円

国内FXの確定申告が面倒な方は「源泉徴収ありの特定口座」

国内FXの確定申告が面倒という方は、FX会社や証券会社で「源泉徴収ありの特定口座」を開設しましょう。

利益の20.315%が自動的に差し引かれますので、確定申告をする必要もなくなりますし、納付手続きをする必要もなくなります。

会社員はFX利益が年間20万円を超えると確定申告が必要

海外FX会社で生まれた利益を、すべて確定申告する必要はありません。

雑所得を確定申告する義務が発生するのは、給与所得者の場合は、雑所得による利益が年間20万円を超えたときだけです。

ただし、雑所得を計算するときは、FX取引においてかかった経費を差し引くことができます。

例えば、FX取引のために買ったパソコンや実用書、雑誌、セミナー参加代、セミナー会場までの交通費、FX取引に必要な電気代や電話代なども経費として計上することが可能です。

海外FXによる利益が年間50万円あったとしても、経費が40万円かかったとしたなら実際の利益は10万円となりますので、確定申告する必要がありません。

万が一、税務署から監査を受けるときに備えて、必要経費を証明する領収書などは保管しておきましょう

自営業の場合は年間FX利益が38万円を超えたときに確定申告

給与所得者ではない場合は、雑所得による利益が年間38万円を超えたときだけ確定申告します。

例えば、自営業の方は、海外FXからの利益などの雑所得合計額が38万円を超えたときだけ確定申告してください。

自営業の方以外にも、学生や専業主婦、無職の人などの給与所得がない方も、利益が38万円を超えたときは確定申告しましょう。

FX以外の利益も合算して20万円(自営業は38万円)かどうか確認

海外FXの利益は雑所得になりますが、雑所得には、インターネットオークションによる利益や副業収入、公的年金や個人年金の受取額なども含まれます

これらの雑所得をすべて合算して、必要経費を差し引き、20万円(自営業の方は38万円)を超えるときは、確定申告してください。

なお、公的年金を受け取っている場合は、以下の公的年金等控除額も差し引くことができます。

出典:国税庁「公的年金等の課税関係」

例えば65歳以上の方で公的年金を年間100万円受け取っている人なら、年金額は全額控除となります。

年金収入については考慮せず、純粋に経費を差し引いた雑所得額が年間38万円を超えたときのみ確定申告する必要が生じます。

利益を確定していないときは確定申告不要

FXは、FX口座に資金を入金し、「ポジション」という形でお金を保有しながら取引をします。

例えば100万円をFX口座に入金して、USドルとして1万ドル(1USドル=100円、手数料は含まず)のポジションを保有している分には、利益は発生していませんし、確定申告も不要す。

また、1USドルが120円になったときに保有するポジションをすべてで円を買い、ポジションの価値が120万円分に増えても、まだ利益を確定したわけではありませんので確定申告は不要です。

あくまでもポジションとして保有しているわけですから、今後の取引によっては資産が減少することもありますし、反対に資産がさらに増加することもあるでしょう。

ポジションとしてFX口座に保有するのではなく、他の口座に利益を移動するなどの「利益確定」をしたときに確定申告の必要性が発生するのです。

長期にわたって利益確定しないでいると調査が入ることもある

利益確定をせずにFX口座上でポジションとして資金を保有している限りは、確定申告の必要もありませんし、納税する義務も発生しません。

しかし、何年にもわたって利益が発生しているにも関わらず、わざと利益確定せずにポジションのまま保有していると、国税庁等の調査が入り、追徴課税を請求されることもあります。

特に海外FXの口座は所得隠しにも使われますので、含み益のまま利益確定しない期間が長引くと、調査が入る確率が高まります

年に1度程度は利益確定をすることをおすすめします。

海外FXで節税しよう!税金を減らす3つの方法

定期的に利益確定をして、きちんと確定申告と納税することは国民の義務です。

しかし、FXの利益をすべて課税対象にして税金を支払う必要はありません。

合法的に税金を減らす3つの方法がありますので、かならず実践し、少しでも節税するようにしましょう。

1.こまめに領収書を保管して経費を計上する

海外FXの利益は、すべてが課税対象になるわけではありません。

利益から経費を差し引き、給与所得者は年間雑所得が20万円を超えたとき、給与所得者以外は年間雑所得が38万円を超えたときのみ、課税対象になるのです。

つまり、経費が多ければ多いほど課税対象額は減りますし、税金も減らせます

こまめに領収書を保管して経費を計上し、合法的に課税対象額を減らしましょう。

海外FXの経費として計上できるもの
FX関連の書籍や雑誌代、FXの情報収集に利用する有料サイトの会費、世界情勢を知る上で必要な新聞購読料やネット新聞・雑誌代、インターネットの通信費、インターネットにかかる電気代、パソコン購入費や修理代、パソコンのウイルス対策ソフト代、FXに必要な空間の家賃・光熱費、FX口座への海外送金手数料など

2.損失を確定申告して損益通算する

利益が出たときだけ確定申告をするのでは、実は非常にもったいないと言えるのです。

海外FXによる利益は雑所得ですので、他の雑所得と合算してから課税されますので、海外FXによる損失が出ているなら、他の副業収入などから損失を差し引いて課税所得額を減らす「損益通算」が適用されます

損失が出るのは良いことではありませんが、損失を確定申告するなら、他の雑所得にかかる税金の一部が還付されるというメリットがあるのです。

ぜひ損失が出たときも確定申告して、節税に活用してくださいね。

3.個人事業主登録をして繰越控除をする

他の雑所得の合計額よりも海外FXの損失が大きくなると、その年の雑所得は0円ということになります。

たとえ海外FXによる損失がどんなに多くとも、マイナス分を来年以降に繰り越すことはできませんので、翌年に利益が出たときは利益に対する税金をしっかりと払わなくてはいけません。

しかし、個人事業主として登録し、FXを個人事業として取り組み、青色申告をしていると、3年にわたって損失を翌年以降に繰り越せる「繰越控除」が利用できます

個人事業主登録手続きは手数料無料でできますので、損失を翌年以降に繰り越したい方はぜひ登録しておきましょう。

参考までに!国内FXは損益通算可能だが・・・

国内FXは、個人事業主として登録していない方でも、3年にわたって損失を翌年以降に繰り越せる繰越控除が利用できます。

しかし、損失が出た年度の確定申告をしていないと、翌年以降に損失を繰り越せません。

いつ損益が出るかどうかはわかりませんので、繰越控除を利用するかどうかに関わらず、利益が年間20万円(給与所得者以外は年間38万円)以下のときでも確定申告しておくことをおすすめします。

また、確定申告するのが面倒な方におすすめの「源泉徴収ありの特定口座」ですが、繰越控除が適用されるためには、確定申告をすることが条件となります

確定申告は最初は面倒ですが、慣れるとそんなに難しいものではありません。

必要以上に支払った税金の還付を受けるためにも、毎年、しっかりと確定申告するようにしましょう。

FXによる利益を正しく確定申告していないとどうなる?

慣れると簡単とはいえ、今まで一度も確定申告をしたことがない人にとっては、やはり確定申告は面倒なものです。

FXによる損失が生じたときなら、税金の還付を受けるために「確定申告しよう」という気持ちにもなりますが、利益が出たときは、確定申告をするということは「新たに税金を払う」ということでもありますから、さらに面倒に感じるのではないでしょうか。

しかし、確定申告をしていないと、後で所得税や申告分離課税を請求されるだけでなく、無申告加算税や重加算税などを請求されたり、逮捕されたりすることもあるのです。

15~20%の無申告加算税

FXによる利益が一定額を超えているのに確定申告しないということは、税金を正しく払わないということ、つまり脱税行為です!

本来支払うべき所得税や申告分離課税に加えて、利益が50万円以下のときは15%の無申告加算税、利益が50万円を超えるときは20%の無申告加算税が請求されます。

例えば、給与所得が600万円で海外FXによる利益が400万円の人なら、所得税率は33%です。

脱税行為が指摘されると、FXの利益に対して本来払うべき33%の所得税と20%の無申告加算税が請求されますので、FX利益に対する実質税率は53%にもなってしまいます。

節税することも大切ですが、正確に確定申告することも広い意味では節税効果のある行為なのです。

悪質なときは40%の重加算税

明らかに資産隠しの目的で、海外FX口座に何年もの間利益を確定しないでポジションを保有しているというような悪質な脱税行為に関しては、40%もの重加算税が請求されます

本来の所得税率が33%なら、なんと73%もの割合で税金が計算されることになります。

これでは、FXの利益がほとんどなくなってしまいますよね。

かならず毎年適切に確定申告し、余分な税金を払わずに済むようにしておきましょう。

逮捕もあり得る

さらに悪質と判断されるときは、逮捕される恐れもあります。

逮捕されると社会的信用は失われますし、会社員の場合なら本業にも支障が出ます

確定申告の手続きは1日もあればできますし、こまめに経費計算をしているならオンライン手続きで2~3時間ほどで申告完了です。

FXで利益を得たいのなら、確定申告は面倒に思わずに実施するようにしましょう。

確定申告は慣れれば簡単!FX利益の税金は正しく納めよう

利益はできるだけ多く受け取りたいですよね。

しかし、税金を申告しないで利益を受け取るということは、違法行為であり、結局は利益を縮小させる行為なのです。

慣れれば簡単ですから、面倒に思わずに確定申告の手続きをするようにしてくださいね。

-XM 口座開設
-, , , ,

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.