XM 口座開設

海外FXで888倍と言えばXM!ハイレバレッジが使えないケースを徹底解説

投稿日:

海外FXで888倍と言えばXM!ハイレバレッジが使えないケースを徹底解説海外FXの中で最大888倍のレバレッジを提供している業者と言えば「XM」です。

FBSの最大レバレッジは3,000倍、Hot ForexやFX Heartなどでは1,000倍と、大抵の業者では最大レバレッジは切りの良い数字に設定されていますが、XMではなぜか888倍と切りの悪い数字に設定されています

8が並んでいるとなんとなく末広がりで縁起がよさそうな感じはしますが、ちょっと胡散臭いような印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんね。

とはいえ、XMは数ある海外FX業者の中でも日本人トレーダーが多いことで有名な業者ですし、セーシェル金融庁に正規登録した業者でもありますから、決して怪しい業者ではありません。

しかしながら、XMの最大の特徴ともいえる「888倍のレバレッジ」が、利用できないケースがあるのです。

せっかくのハイレバレッジを最大限に活用するためにも、どのようなケースにおいて888倍のレバレッジが利用できないのか知っておくべきです。

今回は「XMで888倍レバレッジが利用できないケース」において徹底的に解説しますので、XMで常にハイレバレッジでFXトレードをしたい方はぜひご覧ください。

口座選びを間違うと海外FX業者「XM」で888倍のレバレッジが使えない

XMにはデモ口座以外のリアル口座として、スタンダード口座とマイクロ口座、ZERO口座の3つの種類があります。

このうち、スタンダード口座とマイクロ口座の最大レバレッジは888倍ですが、ZERO口座の最大レバレッジは500倍です。

つまり、口座開設時にZERO口座を選んでしまうと、888倍のレバレッジを利用したFXトレードはできないのです。

ZERO口座を開設したらXMでは888倍のレバレッジを利用できない?

ついうっかりZERO口座を開設してしまった!という方も、一生、888倍のレバレッジが利用できないわけではありません。

XMでは1人につき8口座まで開設できますので、ZERO口座を開設した人も、スタンダード口座もマイクロ口座も合計8個以内なら開設できるのです。

しかも、2つ目以降の口座開設には書類提出が不要ですので、1口座につき1分もあれば簡単に追加口座が開設できます。

XMのマイページにアクセスして、上部の「追加口座を開設する」をクリックしてください。

プラットフォームと口座の種類、基本通貨、レバレッジ、キャンペーンの適用有無を選択すれば、追加口座の開設手続きは完了です。

ZERO口座から追加口座を開設するときは入金ボーナスを受け取ろう

XMには「口座開設ボーナス」と「入金ボーナス」の2つのボーナスキャンペーンがあります。

口座開設ボーナスはどの種類の口座を開設しても受け取れますが、入金ボーナスはZERO口座ではもらえません

入金ボーナスは最大5,000アメリカドルもの高額ボーナスですので、ZERO口座以外の口座を開設するなら、かならず受け取っておきましょう。

口座開設手続きの際、「口座ボーナス」を問う欄で「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選んでいないとボーナスキャンペーンが適用されません

かならず「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選択してくださいね。

ZERO口座のメリットは狭スプレッド!口座を使い分ければ多様なトレードが可能に

ポジションを購入するときと売るときのレートの違いを「スプレッド」と言います。

スプレッドはFX業者に支払う手数料でもありますから、スプレッドが小さければ小さいほど、トレーダーはお得に取引ができることとなります。

実際にはスプレッド以外にも「取引手数料」が別途請求されることおありますので、スプレッドだけでお得かどうかを見極めることはできません。

しかしながら、スプレッドが小さければ手数料が安くなるのは事実ですから、やはりスプレッドが小さい口座はトレーダーにとって注目すべき口座であるのは事実です。

XMのZERO口座は、スプレッドがゼロに近いお得な口座です。

しかし、ZERO口座を選んでしまうと、888倍のレバレッジを活用したFXトレードはできません。

888倍のレバレッジを活用したいときはスタンダード口座かマイクロ口座、レバレッジよりも低スプレッドを優先したいときはZERO口座と、使い分けるようにしてください。

入金額が増えすぎたときも海外FX「XM」では888倍のレバレッジが使えない

マイクロ口座かスタンダード口座を開設しているなら、いつでも888倍のレバレッジが利用できる・・・というわけではありません。

証拠金として口座に入金している金額が増えると、レバレッジが自動的に制限されてしまうことがあるのです。

実際、マイクロ口座とスタンダード口座で888倍のレバレッジが適用されるのは証拠金が2万アメリカドル以下のときだけです。

証拠金として2万アメリカドル以下の金額だけを入金していても、利益を含めて2万アメリカドルを超えると、その時点からレバレッジが200倍に制限されてしまい、888倍のレバレッジを利用できなくなります。

2万アメリカドルは大金?意外とすぐに2万アメリカドルの壁は超える

2万アメリカドルと言えば、日本円に換算すると220万円もの大金です。

「そこまで多額の取引はしないから、レバレッジ制限なんて関係ない」と思うかもしれません。

しかし、XMは最大レバレッジが888倍ですから、約22.5アメリカドルの利益が出ただけでも実際の利益は2万アメリカドルにもなってしまうのです。

例えば2,500アメリカドル(約276,000円)のポジションを保有し、1アメリカドルが1日本円だけ円安方向に動いたときにトレードを確定したとしましょう。

利益は2,500円になりますが、888倍ものハイレバレッジをかけていたなら222万円、つまり、2万アメリカドルを超える利益が生じてしまいます。

2,500アメリカドル程度の証拠金なら入金する人も多いでしょうし、証拠金として少額しか入金していない人でも、利益を口座に入れたまま放置しているならいつの間にか口座残高が2万アメリカドルを超えているかもしれません。

複数の口座を保有している人はさらに注意が必要

上限レバレッジの規制は、すべての口座残高の総額に対してかかります。

つまり、XMでは1人につき8口座まで保有できますので、8口座の残高総額が2万アメリカドルを超えると最大レバレッジが200倍に制限されてしまうのです。

口座が多いと残高総額を把握しにくくなりますので、管理できる範囲の口座数を持つようにしてくださいね。

連絡なしにいきなり最大レバレッジが制限される

口座残高の合計額が2万アメリカドルを超えると、いきなり最大レバレッジは200倍に制限されます。

口座残高の合計額が10万アメリカドルを超えると、いきなり最大レバレッジは100倍に制限されます。

いずれの制限が作動したときも、XM側から「次のトレードからは適用レバレッジが変わります」といった案内は来ませんので、トレーダー各自が口座残高に気を配る必要があります。

為替が急激に動くこともありますから、常に口座残高は日本円で10万円程度になるように、こまめに利益を出金しておくようにしましょう。

出金手数料に注意して!

ただし、XM口座からいきなり日本の銀行口座に資金移動すると、3,000円を超える高額な入金手数料が発生することがあります。

XMでは「入出金に伴う手数料は無料」と謳っておりますが、200アメリカドルを超える入出金に関しては、XM側で発生する手数料だけを負担しますので、出金先もしくは入金元で発生する手数料に関してはトレーダー自身が負担しなくてはならないのです。

こまめに出金するためには、mybitwalletなどの手数料無料で利用できる送金サービスの利用がおすすめです。

一旦、利益をXM口座から送金サービス内に移動させ、その後、日本国内の口座に入金するようにしてくださいね。

-XM 口座開設
-, ,

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.