XM 口座開設

【完全版】失敗しない海外FXの始め方!口座開設前のチェック事項も紹介

投稿日:

【完全版】失敗しない海外FXの始め方!口座開設前のチェック事項も紹介海外FXを利用するのはハードルが高そうだと感じている人も多いのではないでしょうか。

現在、日本人に人気の海外FX業者のほとんどが日本語で口座開設ができ、トラブルが起こっても日本語でサポートを受けられるようになっています。

しかし、言語やサポートの問題が解決されたとしても、それだけで海外FX業者を利用する不安感が消えるわけではありません

預けた資金がなくなってしまうのではないかという不安もありますし、FX会社として本当に機能しているのかという点も気になりますし、そもそもその業者自体が存在しているのかという疑問もあるでしょう。

そのような多岐にわたる不安を乗り越え、真っ当な業者に口座を開設し、真っ当な取引をして利益を出すための方法を余すところなく紹介します。

失敗せずに海外FXを始めたい方は、ぜひご覧ください。

海外FXの始め方1:信頼できる業者かチェックする

口座を開設するときには、名前や住所、メールアドレス、電話番号といった個人情報を登録します。

入出金の口座番号やクレジットカード番号など、お金に関する重要な情報を登録することもあります。

信頼できない業者に口座を開設することは、非常に危険な行為であるということが言えますよね。

「早くFXトレードをしたい!」と気持ちが焦っていても、まずは落ち着いて本当に信頼できる業者なのかどうかチェックしていきましょう。

次の5つの項目をチェックすれば、信頼性の高い業者だと言えるでしょう。

業者の信頼性チェックリスト1:海外の金融庁に正規登録されているか

海外FX業者は、当然ながら日本の金融庁には登録していません。

しかし、正規の業者ならば、かならず世界中のどこかの国の金融庁にライセンス登録しているはずです。

利用する業者が本当に信用できる業者なのかを見極めるためにも、まずは海外の金融庁に正規登録されているかどうか確認してください。

ライセンスの確認方法は、以下の通りです。

なお、外国語が苦手な場合は、グーグル翻訳でサイトごと日本語に変換しておきましょう。

<FX業者ライセンスの確認方法>

  1. 海外FX業者の公式サイトから、どこの国の金融庁に登録しているか確認する。
  2. その国の金融庁の公式サイトを開き、登録業者検索をする。
  3. 登録業者として名前が出てこない場合は、サイトで表記されている名前と異なる名前で登録している可能性があるため、登録業者の住所を1つ1つ確認し、当該業者と同じ住所はないか調べる

業者の信頼性チェックリスト2:ライブチャットやサポートメールが機能しているか

どの海外FX業者でも、かならずカスタマーサポートのメールアドレスが公開されています。

業者によっては、その場で返信を受け取れるライブチャットが利用できることもあります。

しかしながら、記載されているメールアドレスや公開されているライブチャットが、かならずしも機能しているとは限りません

「入金手数料を教えてください」「口座はいくつまで開設できますか?」など、何の質問でも良いですので、とりあえず口座開設前にメールやライブチャットでメッセージを送り、本当に返信が来るのかチェックしておきましょう。

なお、時差のため、ライブチャットが機能している時間帯が日本時間の夜中になるときもあります。

日中ライブチャットが「オフライン」になっている業者へは、夜間にメッセージを送ってくださいね。

業者の信頼性チェックリスト3:口座凍結の事例が多くないか

海外FXで怖いのは、突然口座が凍結してしまうことです。

口座が凍結してしまうと、FXトレードで多大な利益を得たとしても、利益を引き出すことができません。

インターネットで「業者名 凍結」と検索し、口座凍結の事例が多くないか確認してみましょう。

業者の信頼性チェックリスト4:口座資金が信託保全されているか

日本では、トレーダーが入金した資金を別の金融業者に信託保全しておくことが定められています。

そのため、万が一、日本の金融庁に正規登録したFX業者が倒産したとしても、トレーダーの資産は守られ、銀行などから返還されます

しかし、海外FX業者は金融庁の規則に従う必要はありませんから、信託保全がされていない業者も存在し、FX業者自体が倒産したときはトレーダーの資産は返ってこない・・・ということもあるのです。

利用しようと考えている海外FX業者が信託保全システムを採用しているのか、また、信託保全システムを採用している場合は、どのような資金返還システムになっているのか(資金全額が返還されるのではなく、返還される資金に上限が定められていることもある)確認しておきましょう。

業者の信頼性チェックリスト5:入出金手数料が高すぎないか

チェックリストの1~4までをすべて満たしていたとしても、入出金の手数料が高すぎる業者なら、お得なトレードは実現できませんよね。

不要なコストを少しでも減らすためにも、入出金手数料が低く設定されている業者を選びましょう。

海外FXの始め方2:デモ口座で操作方法に慣れる

チェックリストを使って、信用できる海外FX業者を見つけましたか?

「ここなら信用できる!」という業者を選んだら、次はその業者のデモ口座を開設しましょう。

デモ口座を開設する際には名前と住所(大抵は市区町村まで)、電話番号、メールアドレスを登録しますが、銀行口座番号やクレジットカード番号などのお金と関係のある情報は登録しなくてもOKです。

1分ほどあれば簡単に開設できますので、デモ口座を開設して、操作方法やトレードの方法を覚えてください

日本人トレーダーに人気のXMのデモ口座開設はコチラ

海外FXの始め方3:口座開設ボーナスで実践トレードをする

デモ口座を使って、少なくとも丸一日はトレードと操作の練習をしましょう。

練習が終わったら、次はいよいよリアル口座の開設です。

XMのリアル口座開設はコチラ

口座開設は大抵の海外FX業者で無料ですから、不安に思わず口座開設の手続きをしてください。

業者によっては、口座を開設するだけでボーナスをもらえることがあります。

ボーナス自体は出金できませんが、ボーナスを使ってリアル口座でトレードできますので、上手にトレードすれば元手0円で多大な利益を生み出すことも可能です。

まずは入金をしないで、口座開設ボーナスを使って実践トレードしてください。

口座開設ボーナスがないときは最低入金額でトレードしよう

すべての海外FX業者で口座開設ボーナスを実施しているわけではありませんので、入金しないとトレードを始められないこともあります。

口座開設ボーナスを実施していない業者を利用するときは、まずは最低入金額だけを入金し、最低限の資金でFXトレードを始めましょう

例えばXMではスタンダード口座とマイクロ口座なら最低500円から入金できます(Zero口座の最低入金額は10,000円)ので、リスクを最低限にしてFXトレードを始めることができます。

海外FXの始め方4:入金ボーナスを利用してトレードしよう

口座開設ボーナスを使って充分にリアルトレードの実践を積んだとき、あるいは、口座開設ボーナスを使い切ってしまったときは、次は入金ボーナスを使ってトレードをしていきます。

口座開設ボーナスを実施している業者はあまり多くはありませんが、入金ボーナスを実施している業者は多くありますので、しっかりと活用してお得にトレードしていきましょう。

業者によっては入金ボーナスの金額が数十万円を超えることもあります。

例えばXMでは最初の500USドルに対して100%の入金ボーナス、次の22,500USドルに対して20%の入金ボーナスを実施していますので、総額約50万円の入金ボーナスを受け取ることができます。

XMで実施しているキャンペーンはコチラでチェック!

海外FXの始め方5:自分のスタイルでトレードしよう

入金ボーナスを使い切るまで、あるいは入金ボーナスを充分に増やすまでトレードしたら、もはやあなたは初心者ではありません。

熟練した海外FXトレーダーと呼んでも差し支えないでしょう。

あとはご自由に自分のスタイルでFXトレードを実施してください。

-XM 口座開設
-, ,

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.