XM 口座開設

パソコンの電気代とVPS利用料ならどっちがお得?EAを稼働するならXMがおススメといわれる理由

投稿日:

パソコンの電気代とVPS利用料ならどっちがお得?EAを稼働するならXMがおススメといわれる理由XMでEAをお得に稼働させる方法を解説!

ここ数年の間、仮想通貨バブルをきっかけに日本国内でも投資への関心が益々高まっています。
テレビ番組のテーマとして投資が取り上げられることが多い他、投資関連書籍の売り上げの増加などから、これまでに投資に興味が無かった人達も投資に注目し始めていることがわかります。
この動きに関連して人気が高まっているのがEA(自動売買ツール)です。

EAは一般投資家にとって強い味方と言えますが、実際にEAを稼働させて自動的に不労所得を得るためには、いくつか考慮しなければならないコストがあります。
EAの購入費用もこれに含まれますが、特に重要となるのが稼働させるために必要なパソコンの電気代VPS使用料などです。

今回はEAの導入を検討されている方や現在EAを稼働中の方でよりお得にEA投資を行いたい方に向けて、XMのVPS使用料を含むEA稼働にかかる諸費用を解説します。

EAとは?EAのメリットを解説!

EA(Expert Advisor)とは、EAはMT4・MT5上で稼働させることができる投資用プログラムで、FXなどの投資銘柄を自動的に売買してくれる自動売買ツールです。
これまでの自動売買ツールは高額なものが多く、なかなか手の届きにくいツールでした。
しかし、最近ではパソコンの普及やインターネットの普及によって自動売買ツールの低価格化が進んでおり、誰でも気軽に買えるような時代となりました。

FX取引の知識がなくてもEAを導入することによって収益を上げることができます。
チャートの値動きを解析することによって開発されたプログラムが、仕事をしている間や寝ている間に自動的に取引を行ってくれます。
FX初心者でも時間に関係なく勝率が高いポイントで自動的に取引が行える、これがEAでFX投資をする大きなメリットです。

パソコンの電気代とVPS利用料ならどっちがお得?EAを稼働するならXMがおススメといわれる理由

EAの導入手順

EAを導入するために必要なものは4点です。

・FXの取引口座
・MT4orMT5
・パソコン
・インターネット(できればインターネット速度が速い回線)

これに加えて、後述しますがEAを稼働させる状況によってはVPSを用意しなければならない場合があります。

FX取引口座の開設

まず、FXの取引口座を開設します。
EAが利用可能な証券会社であればどの証券会社を選んでもOKです。
今回は、VPSの使用料が安くてレバレッジの設定が幅広く行えるうえに、トレードする毎にXMP(クレジットボーナス)を獲得可能な人気海外FX業者のXM Tradingをおススメさせていただきます。

登録はこちら(公式サイト)パソコンの電気代とVPS利用料ならどっちがお得?EAを稼働するならXMがおススメといわれる理由

FX取引ツールのダウンロード

次にFX取引用ツールとなる、MT4もしくはMT5をパソコンにインストールしてください。
2019年3月現在、MT5より稼働できるEAの種類が豊富なMT4をおススメします。

・MT4とMT5ついての関連記事
⇒Meta Traderとは?人気のFX取引ツールの解説とMT4とMT5を徹底比較☆

EA稼働用のパソコン

パソコンについてはMT4を稼働できるものであれば何を選んでも大丈夫です。
MT4は要求スペックが低いので、ほとんどのパソコンで問題なく稼働させることができます。
しかし、本格的にEAを導入されるのであれば、EA専用のPCを購入されることをおススメします。
理由については後ほど詳しくご説明します。

インターネット回線

インターネット回線はできれば接続速度が速いほうが好ましいです。
特に数分単位の短期売買を繰り返すタイプのEAでは、回線に負荷がかかる為無線LANなどの弱い回線ではうまく注文が飛ばず売買タイミングがずれることも考えられます。
有線接続ができない場合やインターネット回線が遅い場合であれば、VPSをレンタルして稼働させることをおススメします。

EAを導入する前に知っておくべきポイント!

EAを稼働させるために考えなければならないコストは、EA購入費用だけではありません。
パソコンにかかる電気代、もしくはVPSの使用料も必要経費として計算しなければなりません。
また、少し難しい話になりますがスプレッド差もトレードの利益に大きく関係してきます。

EAに関係する諸費用
・EAの購入費用
・インターネット料金
・電気料金
・VPS利用料
・スプレッド差

よりEAによる投資の利益を追求したいのであれば、これらのコストを極力抑えることで利益の増大に間接的に繋げることができます。

パソコンの電気代とVPS利用料ならどっちがお得?EAを稼働するならXMがおススメといわれる理由

EAの購入費用

EAの値段はピンキリなので、一概にどれくらいの費用がかかるとは言えません。
ポイントのひとつとしては、どれくらいの期間でトレードの利益によって購入費用を回収できるかということです。
いかに素晴らしいEAであっても購入費用の回収に何年もかかってしまっては意味がありません。
月利や年利成績と運用予定の金額を考えて、すぐに購入費用を回収できそうなものの購入を検討しましょう。

・EAの選び方に関する関連記事
⇒XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

インターネット料金と電気料金

現在のインターネット料金はほとんど一律料金であるため心配はいりませんが、電気料金は別です。
EAで投資を始めるうえで最も運用コストとして負担となってくるのが電気料金です。
まず、EAを稼働させておく為には、パソコンの電源を必ず入れっぱなしにして常時MT4を稼働させておく必要があります。
その為、パソコンを常に起動させておくためにかかる電気代が必然的に増します。
為替市場が動いている平日にパソコンを24時間起動させ続けた場合、年間の電気代の目安は以下の通りになります。

パソコンを24時間起動させた場合の年間の電気料金の目安

デスクトップパソコン(消費電力100W)の場合
\62.4/日
\312/週(5日)
\14,976/年(240日)!

ノートパソコン(消費電力25W)の場合
\15.6/日
\78/週(5日)
\3,744/年(240日)!

*上記の例は東京都内の電気料金1kWh単価26円(東京電力従量電灯)で計算した場合の例です。

このようにデスクトップパソコンでEAを稼働させる場合は結構なコストを負担する必要があり、せっかく投資で得た利益を削られることになります。
例えば投資資金10万円で自動売買投資を始める場合はデスクトップパソコンの電気料金によって、なんと年14.9%が電気代の支払いに消えてしまいます!
これではかなり不利な投資を強いられることになってしまいます。

その為、自動売買投資で利益を少しでも多く得るためにはノートパソコンでのEA稼働、もしくはVPSのレンタルをおススメします。

スプレッド差

スプレッド差が広いほど、実質的に利益が目減りすることになります。
海外FX業者は国内FX業者と違ってNDD方式を採用している為、取引の透明性が高い反面、取引の際にスプレッド差が多少広がってしまうというデメリットがあります。
これらを考慮すると海外FXでEAを稼働させるのは不利なように思えますが、XMPというクレジットボーナス制度があるXMならこのデメリットを解消することができます。

VPSの説明と VPS利用料

まずVPSとは何かということについて、簡単にご説明します。
VPSとはレンタルサーバーの一種で、VPSをレンタルしてEAを稼働させることによって自宅でパソコンを常時起動させておく必要がなくなります。
自宅のパソコンではなくインターネット上(レンタルしたパソコン)でEAを稼働させるようなものだと考えてください。
XMでレンタルすることができるVPSはBeeksFXが提供しているもので、光ファイバーによる高速接続が可能なEAに適したサーバーです。

XMのVPS使用料は$28/月、日本円にすると約\3,000となります。
VPSをレンタルするとセキュリティ面や回線速度の他に、パソコンを起動せずに済んだりスマートフォンからアクセスすることが可能になったりと様々なメリットがあります。
ですが、VPSのレンタル料金は年間にすると約\36,000を支払うことになるので、投資資金が数百万程度なければかなりの負担になるといえます。

XMのVPSを無料で利用する方法

しかし、XMでは一定の条件を満たすことにより、VPS利用料を無料にすることができます。

XMでVPSが無料になる条件
①口座残高が$5,000以上
②月に50万通貨の往復取引がある(スタンダード口座の5ロット、マイクロ口座の500ロットに相当)

上記の条件①と②のどちらかを満たした場合、VPSの利用料金が無料になります。
自動売買による投資を本格的に始めたいのであれば、XMで条件を満たして稼働コストを抑えることをおススメします

XM TradingでEAを稼働する3つのメリット!

一つ目のメリットはまず、先ほどお伝えしたようにXMでは条件を満たせばVPS利用料が無料になる為、パソコンの電気代を大幅に節約することができます。

XMをEAの稼働先で選ぶメリットの二つ目が、XMPの存在です。
XMPはXMで取引をすればするほどポイントが溜まっていくXMならではの特典です。
溜まったポイントはクレジットボーナスや現金と交換ができます。
自動売買なら自動的にXMPも溜まっていくので、結果的にスプレッド差による利益の目減りをカバーすることができます。
・XMPの関連記事
⇒最大50万円以上獲得できる!XMの2種類ボーナスとXMPの受け取り方について徹底解説!

そして三つ目のメリットは少し裏技的にはなりますが、複数の口座を無料で作成できる&ゼロカット制度というXMの長所を生かしたEAを使った投資方法です。
VPSを無料で利用するためにはXMの取引口座に$5,000を入れる必要がありますが、これは一つの口座の残高だけではなく、複数の口座の残高の合計額でも条件が適用されます。
つまり、$5,000全てをEA用の口座に入金する必要はないのです。
例えば、口座Aに$4,900、口座Bに$100を入れて口座BでEAを稼働させるという方法があります。
XMではゼロカット制度を採用していて口座残高がマイナスになった場合の超過損失はXMが負担してくれるので、この方法であれば口座Aの$4,900を危険に晒すことなく自動売買投資をすることができます。
更にXMならレバレッジが888倍なので、国内FX業者では取引できないような少額資金で自動売買投資が可能です。
・XMのレバレッジの関連記事
⇒レバレッジ888倍!XMなら1万円でどれぐらいトレードできるのか?人気の1万円チャレンジをご紹介!

$5,000は日本円にして約55万円*1ですが、入出金手数料を考えてもVPSの利用料を支払うよりはかなりお得にEAを稼働させることができます。
自動売買に始めて挑戦する方も、現在EAを稼働中で利益がなかなか上げられない方も、よりお得なXMへの乗り換えをおススメします。

XMの登録はこちら
パソコンの電気代とVPS利用料ならどっちがお得?EAを稼働するならXMがおススメといわれる理由

*1 2019/03/25現在のドル円レート換算

-XM 口座開設
-, ,

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.