XM 口座開設

海外FXでレバレッジ1000倍!実は〇〇に気をつければノーリスク

投稿日:

海外FXでレバレッジ1000倍!実は○○に気をつければノーリスクFXは「レバレッジ」を利用できるという点が、他の投資とは大きく異なるポイントです。

例えばレバレッジが100倍なら、実際に手元に10,000円しか資金がなくても、100万円分の投資を行えるのです。

つまり、レバレッジが大きければ大きいほど、少額の資金でも充分な利益を見込めるということになります。

海外FX業者には最大レバレッジが1,000倍の業者もありますが、実際に利用するときにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか。

1,000倍のレバレッジを利用できる業者を紹介し、レバレッジ1,000倍だからこそのメリット、そして、レバレッジ1,000倍だからこその注意点について解説します。

海外FXでレバレッジ1,000倍が利用できる業者

海外FXの中でレバレッジ1,000倍でトレードできる業者を紹介します。

表中のGem ForexとFX Heart、Hot Forexは最大レバレッジが1,000倍ですが、FBSの最大レバレッジは3,000倍です。

レバレッジはトレードの度にトレーダー自身が選択できますので、最大レバレッジが3,000倍であってもレバレッジ1,000倍のトレードも可能です。

FBSを利用する際に「レバレッジが高すぎるのはちょっと不安」という方は、レバレッジを1,000倍以下に設定してくださいね。

海外FX業者 最大レバレッジ 最大レバレッジが利用できる口座
Gem Forex 1,000倍 オールインワン口座、ゼロスプレッド口座
FX Heart 1,000倍 スタンダード口座、ナノスプレッド口座
Hot Forex 1,000倍 マイクロ口座(その他のプレミアム口座とZERO口座、AUTO口座、HFコピー口座の最大レバレッジは500倍)
FBS 3,000倍 スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座(セント口座の最大レバレッジは1,000倍、ECN口座の最大レバレッジは500倍)

海外FXでレバレッジ1,000倍!メリットは多い

海外FX業者は日本国内のFX業者よりも最大レバレッジが高いことが多いのですが、主流は200~500倍程度のレバレッジです。

しかし、上記の表でも紹介しました通り、探せば最大レバレッジが1,000倍の業者、3,000倍の業者がないわけではありません。

ハイレバレッジ業者でハイレバレッジトレードを行うと、次のメリットが得られます。

レバレッジ1,000倍のメリット1:必要証拠金が少なくなる

為替相場が激しく動くということは、そうよくあることではありません。

例えばアメリカドルと日本円の相場においては、1日に1円程度動けば「今日は相場の動きが活発だった」と判断します。

そのため、例えばFXで利益を10,000円得ようと思うなら、少なくとも10,000アメリカドルの資金がなくてはならないのです。

アメリカドル/日本円レートが1USドル=110円なら、110万円もの資金を投入しなくてはなりません。

しかし、レバレッジが1,000倍の海外FX業者を利用すれば、必要な証拠金(口座に入金する資金)は100万円の1,000分の1である1,000円だけでOKです。

つまり、1,000円を元手に10,000円の利益を得ることも可能になるのです。

レバレッジ1,000倍のメリット2:トレードを続けやすくなる

口座に入金した証拠金が0円になるまでFXトレードを続けられるというわけではありません。

業者ごと、口座ごとに「ロスカット基準」が決まっているため、トレードによって証拠金が減ってロスカット基準を下回ってしまうと、新たに証拠金を入金しない限り新たなトレードができなくなるのです。

しかし、レバレッジが1,000倍で必要証拠金が少なくなるため、思うようなトレードができない場合でも低レバレッジを適用したときと比べると証拠金はあまり減りません

つまり、ハイレバレッジで取引することで少額資金で十分なトレードができるため、為替相場が予想外の動きを示してもトレードを続けやすくなるのです。

レバレッジ1,000倍のメリット3:追証は不要

レバレッジ1,000倍をかけてトレードしているなら、手数料を含めずに考えるとすると、為替相場が1円動くだけでもわずか1,000円の証拠金で10,000円の利益を得ることが可能です。

しかし、常に為替相場が予想通りに動くとは限りません。

予想とは逆の方向に1円動くなら、わずか1,000円の証拠金をかけたトレードでも、損失が10,000円になる可能性があるということになりますよね。

証拠金全額を支払うだけでは損失は補填できませんので、追加で9,000円の証拠金を入金しなくてはならなくなります。

しかし、海外FXではほとんどの業者において「ゼロカットシステム」が採用されていますので、証拠金を全額失うことはあっても、証拠金の追加入金を求められることはありません

日本の業者で「ゼロカットシステム」が採用されているFX業者はほとんどありませんから、海外FX業者の方が大胆なトレードができるということになりますよね。

なお、今回紹介している4つの海外FX業者(Gem Forex、FX Heart、Hot Forex、FBS)はいずれもゼロカットシステムを採用しています。

そのため、1,000倍のレバレッジを利用してトレードするかどうかに関わらず、常に証拠金以上の損失が発生することがないのです。

レバレッジ1,000倍の海外FXは実は無敵?注意点はあるのか?

少額で高額の利益を得られる1,000倍のレバレッジ。

しかも、ほとんどの業者においてゼロカットシステムを採用していますから、証拠金以上の損失が発生せず、大胆なトレードができることも魅力です。

ハイリターンの投資はハイリスクが付き物ですが、海外FXでハイレバレッジを利用するメリットを見ていると「ローリスクでハイリターン」という理想のトレードができそうですよね?

本当に海外FXで1,000倍のレバレッジを活用すると、ローリスク&ハイリターンのトレードが実現できるのでしょうか。

ゲーム感覚に陥りやすいのがデメリット!

実際のところ、ハイレバレッジを活用すれば、ローリスク&ハイリターンのトレードは可能です。

為替相場が1円動くだけでも、1,000倍のレバレッジを適用しているなら、1,000円の証拠金で10,000円の利益を得ることは可能ですし、トレードに失敗してもすでに入金した1,000円の証拠金を失うだけで済みます

しかし、このリスクの少なさが返ってリスクになることもあるのです。

100万円ものお金を投資して失敗した場合、「わたしには投資は向いていない。もう止めよう」という気持ちになりますが、1,000円の投資で失敗した場合は、「もう一度してみよう。次はうまく行くかも!」と何度でも挑戦したくなりますよね。

心理的にはゲームセンターでクレーンゲームをするのと同じです。

1回のゲームは100円ほどですから、目当てのぬいぐるみがキャッチできないときはコイン投入口に新たな100円玉を入れてしまいます。

手持ちの100円玉がなくなると、1,000円札を崩してでも100円玉を作ってコイン投入口に入れてしまいます。

そうして、どう見ても300円程度しか価値がなさそうなぬいぐるみに数千円もの高額な資金を投入してしまうのです。

海外FXは少額の資金で高額なトレードができるため、トレーダー自身が「強い自制力」を持っていないとどんどん資金を投入してしまうリスクがあるのです。

追証なしのメリットを最大限活かそう

証拠金を追加入金しなくても良いことは、海外FXの最大のメリットでもあります。

しかし、トレーダー自身が自主的に証拠金を追加入金するなら、せっかくのゼロカットシステムのメリットを活かすことができません

トレーダー各自が自制力を働かし、「感情のままに追加入金しない」という強い意志を持ってFXトレードに向き合うならば、海外FXのハイレバレッジトレードはローリスク&ハイリターンになります。

失っても良いと思える余剰資金だけを使ってトレードするなら、ノーリスク&ハイリターンの取引が実現します。

「感情のままに追加入金しない」ことに気を付けて、ノーリスク&ハイリターンで海外FXを実施していきましょう。

-XM 口座開設
-, ,

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.