XMで口座開設をする方法を徹底解説!これを読めばすぐにFX取引を始められます!

金融庁では、国内のFX会社のレバレッジを25倍までに制限しています。少ない資本で大きく増やしたい方は、「もっとレバレッジが大きければ良いのに」と不満に感じるかもしれません。

レバレッジの大きさで選ぶなら、海外のFX会社がおすすめです。日本の金融庁の規制を受けませんので、25倍を超えるレバレッジで投資することも可能です。海外のFX会社の中でも、日本人に特に人気の「XM」の口座開設について徹底的に詳しく解説します。

海外FXが初めての人にもおすすめのXM

今まで海外の証券口座やFX口座を利用したことがない人なら、「海外の会社はちょっと・・・」と不安に思うかもしれません。どんな会社か分からないという不安もありますし、取引を日本語以外の言語で行うのも不安です。

しかし、XMは、世界的に見ても監査基準が厳しいとされる英国の金融局の許認可を得ており、安心して利用できます。また、日本人ユーザーが多いため、取引そのものを日本語ででき、外国語に自信がない方でも言語を気にせずに利用可能です。

英語入力は不要!ローマ字入力で口座開設が可能

XMは日本語で利用できますので、口座開設の際も英語で手続きをする必要がありません。名前や住所などをローマ字入力できる方なら、誰でも口座開設が可能なのです。

日本ではありえないレバレッジの高さが特徴

為替相場を研究し、「今が投資のベストタイミングだ」と判断しても、十分な資本がないなら大きな利益を上げることはできません。レバレッジを利用すれば手持ちの資産を大きく増やすことができますが、レバレッジが25倍では思うような利益に結び付かない可能性があります。

しかし、XMのレバレッジは888倍ですので、少額の資金で大きな利益を上げることが可能です。投資チャンスを逃さず活用するためにも、高レバレッジのFX会社を利用してくださいね。

ステップ0:2つの本人確認書類を準備する

 XMの口座を開設しても、FX取引は実施できません。口座開設後に「口座有効化」の手続きをして、初めて口座で取引できるようになるのです。

XMの口座有効化には、2つの本人確認書類が必要です。口座開設してすぐにFX取引をするためにも、口座開設手続きの前に本人確認書類を用意しておきましょう。

カラーの顔写真がついた身分証明書

まず、身分証明書として、カラーの顔写真がついた本人確認書類を提出しなくてはなりません。運転免許証やパスポート、マイナンバーカード(個人番号通知カードとは異なります)、外国人登録証などが提出できます。

住所を証明する書類

住所を証明する書類としては、運転免許証や健康保険証、公共料金の請求書、電話料金の領収書、住民票などの現住所が分かる書類が使用できます。ただし、身分証明書として提出した書類は使用できません。

例えば、身分証明書としてパスポートを提出した場合は、住所を証明する書類として運転免許証などを使用できます。また、身分証明書として運転免許証を提出した場合は、健康保険証や住民票などの運転免許証以外の書類を提出してください。

ステップ1:個人情報をローマ字で入力する

XMの公式サイトから、口座開設手続きを始めます。まずは、名前と居住国、使用言語、電話番号、メールアドレスを入力しましょう。名前はローマ字で入力します。

なお、電話番号は最初の「0」を抜き、最初に「+81」を付け加えます。例えば、090-1234-5678なら、+819012345678と入力します。

プラットフォームタイプを選択する

XMには「MT4」と「MT5」の2つのプラットフォームタイプがあります。一般的に使用されているのはM4ですが、時間足表示の豊富さにこだわるならM5がおすすめです。M5はビットコインが使用できますので、仮想通過取引をしたい人もM5を選択してください。

※現在は仮想通貨取引ができないようになっています

MT4・MT5プラットフォームへ

口座タイプを選択する

XMには、スタンダード口座とゼロ口座、マイクロ口座の3つの種類の口座があります。少額の取引から始めたい方にはマイクロ口座がおすすめですが、大きな取引をしたい方には500万通貨まで利用できるスタンダード口座がおすすめです。また、スプレッドの狭さで選びたいならゼロ口座がおすすめです。

口座タイプを確認してみる

キャンペーンが適用できるかチェックしておこう

新規口座開設時に3,000~5,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンを実施していることがあります。しかし、キャンペーンが適用されるのは、キャンペーンの条件を満たしているときだけなのでご注意ください。例えばスタンダード口座を開設したときならキャンペーンが適用されても、ゼロ口座開設時にはキャンペーンが適用されないことがあります。

 迷ったら複数口座を開設するのもおすすめ

口座を一度開設すると、追加口座は1分ほどの手間で開設できます。迷ったときは、とりあえずキャンペーンが適用される口座を開設し、その後、他の種類の口座を開設するか検討してみてください。

ステップ2:個人情報をカタカナで入力する

次は個人情報をカタカナで入力して生年月日も登録します。

この過程が、唯一カタカナを使用する部分です。

住所の詳細をローマ字で入力する

XMで口座開設する方法を徹底解説!これを読めばすぐにFX取引を始められます!住所の詳細をローマ字で入力します。番地の枠に15文字以上を入力すると、エラーが表示されて登録できません。マンションなどの名前が長くなりがちな住宅にお住まいの方は、番地の枠にマンション名を省略して入力してください。

ステップ3:投資家情報を入力する

XMで口座開設する方法を徹底解説!これを読めばすぐにFX取引を始められます!取引口座情報を入力します。レバレッジはここで設定してください。次に資産等の投資家情報を入力します。投資額を20,000USドルより高額に設定するとレバレッジが200倍に制限されますので、888倍の高レバレッジを利用したい方は、投資額を0-20,000USドルにしておきましょう

パスワードを入力する

8~15文字でパスワードを設定します。アルファベットの大文字と小文字、数字の3つの種類の文字が入るように設定してください。

メールを受信できるか確認する

パスワードを入力して「リアル口座開設」のバーをクリックすると、最初に入力したメールアドレスにメールが送信されます。メールボックスを開けて、受信できているか確認してください。

ステップ4:口座有効化手続きをする

 XMからメールが届いたら、口座開設は完了です。次は口座有効化手続きに進みましょう。

ログインしてマイページに進むと、「こちらより口座を有効化する」というバーが表示されます。バーをクリックして身分証明書と住所確認書類をアップロードしてください。

なお、アップロードできる書類は4MBまでです。データ量が大きすぎるときは小さく加工してください。アップロードが終了すると、24時間以内に口座が有効化されます。

ステップ5:投資資金を入金する

XMで口座開設する方法を徹底解説!これを読めばすぐにFX取引を始められます!

有効化した口座に投資資金を入金すれば、いつでもFX投資を始められます。入金方法としては国内銀行口座からの送金かクレジットカード入金などがありますが、手数料を節約したいならクレジットカード入金がおすすめです。

クレジットカード入金なら、手数料無料で500円から入金できます。また、入金した金額が即時反映されますので、今すぐFX取引をしたい方にもおすすめです。

銀行口座からの入金は時間も振込手数料もかかる

国内銀行口座からの送金も送金手数料自体は無料なのですが、振込手数料が発生しますので、実際はあまりお得な方法ではありません。また、入金した金額が即時反映されず、銀行の営業時間内でも30分~1時間ほどかかること、銀行営業時間外には送金手続きができないこともデメリットと言えるでしょう。

さあ始めよう

XMで口座開設する方法を徹底解説!これを読めばすぐにFX取引を始められます!

2つの本人確認書類を用意してクレジットカード入金をすれば、まだXM口座を開設していない方も、最短10分ほどでFX取引ができます。高レバレッジのXMで、手軽に資産運用してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.